« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

日産GT-R PROTOは過去の遺物か?

今回の東京モーターショー2005で、最も注目されている車と言えば、この「日産GT-R PROTO」だろう。今回のイベントでその製品に最も近いと言われるモデルが発表されのは大歓迎だ。展示中の車は、グラスエリアがブラックアウトされているので、自走はしなさそうだが。まあ、これはこうした展示会では当たり前に有る事なので、突っ込みどころではない(w)

スタイリングは、前回のプロトタイプと比較して、かなり洗練されて来たと思える。些かクラッシックなスカイラインGT-Rの面影を残しながら、シャープ且つ重厚感のあるサイドビュー、リアフェンダーの張りの強い膨らみと、得体の知れない「獰猛な力強さ」を危うく押し込んでいる様なフロントマスクには、本当に圧倒される。GT-R、この車はこうでなくてはいけない。そんな押しの強いスタイリングだ。R32スカイライン以来、最も先進的且つ、この車の持つ方向性が明確に表現されたスタイリングと言ってもいいだろう。久々に熱い期待と夢を感じるモデルだ。

そして、秘密のベールに包まれている中身は、現在の日産の動向から想像すると、V8/4.5L、V6/3.5Lクラスのエンジンに何らかの手を入れて、正しく野獣の様な車に仕上げて来る事は容易に想像できるし、また、熱いファンもそれを期待していることだろう。また、駆動システムもアテーサET-Sを更に進化させたものを搭載して来る事もあり得る。これは想像すると、車好きには本当にたまらない展開だ。GT-R、万歳!である。

しかしながら、冷静に考えてみると、2007年に発売と聞くと疑問符がつく。私が考える、この車の前に立ちはだかる最大の問題点は、今後も続くであろうと予想される化石燃料の価格高騰である。こうした問題を無視して、従来のGT-Rと同じコンセプトのまま、市場に送り出す事になるなら、このGT-Rは、大鑑巨砲時代の終焉に現れた「戦艦大和」にかぶって見える。時代の潮流と、その潮流に乗ったテクノロジー、そして最も重要な「ファンの期待」をどこで折り合いを付けて来るのか、この部分はとても興味深い。前輪の駆動をインラインモーターにしてくるなんていう荒技もあるかもしれない。ただ、この程度の小細工では、戦艦大和化する事は明らかであるし、同時にファンの期待を裏切る結果となる事も想像に難しく無い。そんな風に考えてみると、私は現時点でも「遅れて来たGT-R」と言わざるを得ない状態だと思っている。日産は余りにファンを待たせ過ぎている。本気で売る気があるのだろうか? > 日産

私の記憶に間違いが無ければ、過去に日産は「MID 4」という、ミッドシップエンジンの4WDスポーツを、2度のモーターショーに出展し、出す出すと言いながら、結果的にはファンの期待を裏切ったことがある。開発中止の経緯は様々な要因があったのだろうと予想は出来るが、私はこの車は、本気で売る気が無かったのではないかと邪推している。そして、当時より、更に深刻な問題が山積する中で、今回のこのGT-Rが本当に販売されるのか、少しだけ懐疑的だ。様々な課題を克服し、MID 4の二の舞にならない事を。そして「流石、GT-R!」、そう唸らせる車として、私たちの前に驚きと共に現れる事を、一人の自動車ファンとして強く願って止まない。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Happy Tree Friends

いつも、偉そな事ばかり書いてますので、たまにはくだけた話題でも・・・(こういう時の記事には注意しろよ〜)
知る人ぞ知る、超有名なサイトですので、ご存知の方も多いかと思いますが・・・。

このサイトを時々見に行く様になってから、多分、1年以上経ちます。内容は森に住むうさぎの「Cuddles」、ムースの「Lumpy」、アライグマ兄弟「Lifty」「Shifty」などの、可愛らしい動物達が繰り広げる「血湧き肉踊る、超冒険活劇」のFlashムービーが配信されてます。初めてサイトを訪れた時は、あまりの内容に鳥肌モノでした(w) 私のお気に入りのキャラクターは、昔、兵隊さんだったクマの「Flippy」と、甘いものが大好きなリスの「Nutty」。

それでは、存分にお楽しみください!
Happy Tree Friends

(注意:上記のサイトには、一部(?)過激な内容が含まれておりますので、良い子のみなさんや、心身の状態に自信の無い方は絶対に閲覧しないで下さい。サイトを閲覧した事により発生した様々な影響は、当方は一切の責任を負いませんので、あしからず)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トヨタ&富士重工提携(後編)

さて、いつもの「へ理屈野郎」の逆襲です(笑)

【対局に位置するメーカー】
トヨタの商品戦略は、完璧と言って良いマーケットインを取り入れている。市場のニーズを的確に捉え、タイムリーに製品を開発/製造を行い、市場に投入する。圧倒的なスピードと徹底的なコストダウンが実現できていないと、真似出来ない芸当である。ここがトヨタの圧倒的な強さの源である。対する富士重工は、マーケットインなどは到底実現できる体力を持たないので、徹底したプロダクトアウトだ。国内の自動車メーカーの中では、最もこの色合いが強いメーカーの1つだろう。常に自社の強みを生かした物作り追求しながら、戦い続けなくてはならない。ここが私の様な「スバル莫迦」に支持されている部分だ。ニッチな市場では圧倒的な強さを見せるが、その代わり、多くの人達に支持されにくく、市場も拡大しにくい。そしてたった1度の失敗が命取りになる。言わば対局に位置するメーカーと言えるだろう。

【トヨタ傘下のスバルの位置】
ここからはトヨタ傘下で、富士重工がどの部分に位置づけできるのかを考えてみよう。スバルのDNAは、言うまでもなく、「走りにインテグレートされた技術」である。そのDNAを構成する要素は言うまでもなく、「水平対向エンジン」と「フルラインAWD」。どちらも乗用車に必要最低限の機能を考えれば、高くつく代物だ。この小さなメーカーでこんな製品が量産できていること自体、冷静に考えてみれば驚異的とも言える。しかし、この水平対向エンジンとAWD技術を、トヨタが欲しているかと言ったら多分「NO」だろう。現時点でのトヨタ持つ市場では、こうした部分にこだわる必要が無いからだ。しかし、ここに富士重工が入り込む余地が残されている。高級ブランドのレクサスとは違った味付けのブランド。言わば「徹底した走りを追求するブランド」の確立。「フィアット傘下のアルファロメオ」の様な位置付けに似た関係が良さそうだ。ここは奇妙な事に、トヨタの商品戦略の中では、ぽっかりとあいた穴であり、トヨタの出したスバルへの対抗車種はことごとく破れ去っている。即ち、トヨタとダイハツの関係と同じ様に、スバルを傘下とした場合、トヨタ内に直接競合する車が無いのだ。それ故にスバルは生き残って来れたとも言えるだろう。ついでに言うなら、レクサスをフィアット傘下のランチアになぞらえてみると、レクサスとスバルの差別化の方向性の違いが見える。しかし、今のランチアは旧来のファンからは不評の様だが(苦)

日本企業の提携で海外メーカーに対抗する。富士重工が明確な独自性を示し、トヨタの世界戦略の一翼を担う事ができれば、未来は明るく見える。トヨタと富士重工(スバル)で世界制覇を目指す、これはスバリストとしても、極めて熱い展開だ。私はそういった含みを持たせた「8.6%」だと思える。

【どんな車が作れるか、スバリスト的妄想】
固い話はここまでとして、ちょっと夢を見てみよう。まずは、先日の記事にも出て来たハイブリッドだ。富士重工は最近、ターボ・パラレル・ハイブリッド(TPH)、そして東京電力の協力を取りつけた上でのR1e開発のロードマップの発表と、立て続けに新技術の発表を行っている。格付けが下がった事に対しての市場に対するアピールとも取れるが、B9スクランブラーの技術を製品に反映する準備は着々と進めていたという事だろう。

TPHは、低速トルクの補完と発進時の燃料消費を押さえる為に稼働するハイブリッド機構とされており、狙っている方向としては、単なる環境性能だけでは済まない性能を持つハリアーのハイブリッドと良く似ている。まず、この部分は間違いなく技術の交流が行われるだろう。トヨタはスバルとNECが共同開発した高効率の蓄電システムを手にする事ができ、また、富士重工はハイブリッド車の量産に対してのノウハウを手にする事が出来る。ここは両社ともに得るものは大きいと見える。富士重工のトヨタからのハイブリッド車の部品調達の先に見え隠れしているのはこの部分だ。スバルのハイブリッド車がより現実的に見えて来た。しかしながら、TPHがどうなるのかは、これから・・・という感じだろう。

そして、将来の共同開発車がどんな車になるか? 私はコンパクトカーではないかと考えている。1L〜1.6Lクラスの車あたりに、双方の旨味が出てくる様に思える。では何か? ヴィッツ〜カローラあたりのプラットホームの共同開発になるかもしれない。現在のインプレッサでは大き過ぎる。また、トヨタとしても更に利幅を上げたいクラスだろう。共同開発のスバル車には、トヨタとは異なる独自開発のエンジンを載せてもらいたいのが、スバリストとしての夢である(w) 1.6L以下なら、直四横置きでも十分に面白いかもしれない。時期的には、二世代先のインプレッサクラスにあたりになるかもしれない。この時、インプレッサ系はWRX系のみを残し、下方シフトするのではないかと考えている。噂に有ったお蔵入りになってる「熱いエンジン」を、新しく組み直して引張って来ようぜ(w) いや、むしろ、ハイブリッド中心か?

【準備は整った、しかし・・・】
富士重工は、トヨタとの提携により、今までで最も強力で寛大なパートナーを得たと言ってもいいだろう。富士重工の舵取りが上手く行ったなら「スバル=自称プレミアムブランド」が、真の意味での「プレミアムブランド」になる可能性も見えてくるかもしれない。

しかし、問題も無い訳ではない。既に賢明なる読者の方ならお気づきかと思うが、富士重工の持つ軽自動車である。ここはダイハツと直接競合するだけに、スバルの独自性を出しながら生き残っていけるか、難しい判断が迫られるだろう。
そして、本当に深刻なのは、富士重工自身の持つ自由度だ。自由度が有るのに深刻と言うのは矛盾している様だが、現在の富士重工の状態を見ると良くわかる。GMの縛り付けより弱いトヨタとの関係では、今まで以上に、富士重工自身が自立する力と、高い付加価値を持つ商品戦略が必要になって来る。今の富士重工は、技術的な側面ではともかく、デザイン、品質、販売等を含むソフトウェアの部分はお世辞にも十分とは言えない。富士重工は自身が生き残る為に、日産グループの時代から慣れ切ってしまった、どこかに「おんぶにだっこ」の体質を脱却し、再び自立出来るような力を鍛えて行かないと、後が無いとも言える。ハイブリッド技術や開発での提携、北米での生産受託だけで、トヨタの信頼を受け止め続けられるほど、甘い話の筈はない。8.6%しか資本を保有しないトヨタと良好な関係を保つ為だけでも、更なる努力が必要だと考える。

何処かのインタビューで、富士重工の社員が「トヨタの様な大きな会社に、うちみたいな小さい会社の株を買って貰ってラッキー」なんて脳天気な事を抜かしていたそうだが、こんなヌルい事を言ってるとマジで吹っ飛ぶか、独自性が失われ、旨い所だけ搾り取られて、斬り捨てられるのがオチだ(苦)

富士重工(スバル)の本当の勝負はこれから始まる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トヨタ&富士重工提携(前編)

自称「日本で最もスバルを生暖かく見守るスバリスト」の私が来ましたよ...orz

富士重工が新聞のトップを飾るなんてことは、多分、ここ数年無かった事だろう。それほど、衝撃的なニュースだったようだ。理由は「世界のトヨタ」が、一般的に言う所の弱小メーカー「富士重工」と提携した理由が、今ひとつ明確になっていない所。まあ、結果だけを見ると、業績不振のGMが、役立たずの富士重工との約束を突然破って株を売却、富士重工は、禿鷹ファンドに食い荒らされる前にトヨタに泣きついた。トヨタは北米でのGMとの摩擦を回避する為に、富士重工の株式を買い取る事で、GMに「所場代」を払うというのが、一般的な見解の様だ。
しかしながら。当の富士重工は、トヨタが買い取る予定の株式の残り分の買い付けに失敗するなど、出足は相変わらず遅い。何をやってるのだろうか? 11日に再度挑戦する様だが、どれくらいの買い付けが出来るか見物ではある。今度は真面目にやれよ、金無いんだからさ(苦笑)

過去に業績不振の富士重工を救ってくれた日産は、駄目な富士重工の経営に必要以上に口を出し、富士重工の頭を押さえつけた。そして日産は、自身の業績不振で株式を売却。そして身請け先のGMは放任主義、というか提携の効果は全くと言って良いほど出なかった。目に見える所では、国内でのオペル・ザフィーラのOEMの販売、サーブとの連携による9-2x、B9トライベッカベースのSUV開発程度。これでは、GMから見限られても仕方が無い。反面、スバルに残ったものは、サーブとの関係による製造技術程度だ。25人抜きの大抜擢と言われた富士重工の竹中社長の手腕は、GMとのシナジー効果を十分発揮させる事ができなかったことを考えると、かなり疑わしいと考えている。そして、国内の業績の低迷の引き金になっている原因が、非常にバカバカしい所にある為に、私の個人的意見としては、社長を始めとした役員の退陣要求が出ないこと自体、不思議な位だ。もし、今回、トヨタが助けてくれなかったら・・・極めて危険な橋を渡っていたことだけは感じ取れる。・・・むむ? すると竹中社長は救世主?

しかしながら、結果を冷静に見てみると、トヨタの予定している富士重工の株式保有率は8.7%と、GMの所有する約20%(18.7%?)という比率に対して、半分以下であること。そして、トヨタは富士重工に対して、当面の間、これ以上の増資は行わない意向であること。今までのパートナーと比較して、とても不思議な距離感がある。トヨタ=ダイハツとの関係とは明らかに違う。調べてみるとダイハツのトヨタの資本比率は51.2%だそうなので、違って当然かもしれないが。突き放す気になればいつでも突き放す事ができ、それでいて、それなりに影響力を持ち、舵取りは富士重工に任せる様な関係・・・ここには、何かが有りそうだ。・・・見方を変えると、極めて対等に近い関係ではないか。そして、先日(10月7日)のこの記事・・・

富士重、トヨタからハイブリッド部品調達 技術者は交流

・・・こうなると、スバル莫迦の妄想が暴走を始める(爆)
(つづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

・・・やっちまった(RALLY JAPAN)

・・・・畜生、やっちまったようです。もうちょっとだったのに。

他のBlogの情報によると、SS25のスタート1キロ地点で、路面中央の石にステアリングアームをHitしたそうです。なんてこった・・・

(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::

アトキンソン、後は大事に走って完走してくだされ(/_;)

【19:30追記】
アトキンソンが無事、三位で完走と言う事で、祝杯でもあげますか。ソルベルク、アトキンソン、お二人ともお疲れさまでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

そして最終日(RALLY JAPAN)

リザルトは書く必要もないでしょう。
ローブ(シトロエン)は総合優勝狙いで、無駄なチャージを控えてるんでしょうね、きっと。
いよいよ最終決戦、ソルベルク(スバル)とグロンホルム(プジョー)との事実上の一騎打ち。+32は十分な貯金とは言えないでしょう。「刺さらず、壊れず」は基本ですが、ここまで来ると「壊れず」がちょい心配・・・(注:タイヤも含む)
さてさて、どうなりますでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1レグ制覇!(RALLY JAPAN)

取りあえずは「刺さらず、壊れず」に1レグはソルベルク(スバル)が1位。しかし、流石にローブ(シトロエン)は速いですねぇ、本日は約23秒差とは言え、2位に付けて来ています。3位にグロンホルムという強敵も虎視眈々と・・・まだまだ、油断なりません。4位のアトキンソン(スバル)も2つのSSで1番時計を叩き出しているので、まだまだ踏ん張れそうです。
しかし、約23秒差なんて、1コケすればあっと言う間ですからね。後2日ありますので、生暖か〜く見守っておきましょう(ーー;) < なんか嫌な応援だ(w)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »