« 信用できないよ、SME | トップページ | Stay hungry, stay foolish. »

iPod nanoをデザイン的視点で見る

先日から、Apple(アップル) vs SONY(ソニー)のiPod nanoとWalkmanA(ウォークマンA)の話題で持ち切りですが、当Blogでは、プロダクトデザインの視点で見てみたいと思います。

お題はこちら、
iPod nano Apple Computer(アップルコンピューター)
ウォークマンAシリーズ SONY(ソニー)

iPodのデザインのアイデンティティは、ボックス型の筐体に丸いコントロール部、光沢の有る表面と背面の鏡面仕上げのステンレス材。初代のスクロールホイールのiPodの時代から、徹底して守られて来ました。この4つのアイコンは、iPodと一目で解る重要なポイントになっています。Shaffleや生産中止になったminiは、後ろの鏡面仕上げのステンレス材は無いにしろ、この本家iPodのデザインの「デザインの一貫性」のバリエーションに位置するものとして認知されています。そして、今回のiPod nanoは、そのデザインに、iPodのデザイン要素を全て詰め込んで来ました。ヴィトンやシャネルのバッグが一目で分かる事、車で言えば、BMWやアルファロメオに代表されるデザイン手法です。この事は「iPodのデザインの完成」と「ブランド」が定着している事を意味します。特にホイール型のコントロール部に関しては、人間工学的な操作性の良さを追求した結果である事は、言うまでもありませんし、Appleが初代Macintoshの時代から「手で触れるもの」に対して、徹底的にこだわり続けている「左右どちらの手でも使える様に」という思想に基づいていることも見落とせない点です。

対するSONYも頑張っています。特にフラッシュメモリー型ウォークマン(Walkman)は、まるで香水の小瓶を見ている様な、洗練された雰囲気を持っています。そして、その筐体に浮かび上がる文字。これをウォークマンのデザインアイデンティティとして確立させたい方向性が見られます。そして、ウォークマンAシリーズになって、ここが更に明確になりました。
しかしながら、HDD型のデザインは如何なものでしょう。まるで、何処かの国で作られた、透明樹脂を使ったオモチャの様な雰囲気。そして、ネットワークウォークマンでは考慮されていたにも関わらず、今回のデザインでは左手で使った場合の操作性の低下が予想される左右非対称のデザインの採用。上にディスプレイ、下にコントロール部という、小型携帯機器のデザインの変える事の出来ない定石を、iPodのデザインの「模倣の呪縛」から脱したい一心で、見誤ってしまったのでしょう。ここにSONYのこの製品のデザイン対しての窮状が垣間みれます。そして、ELディスプレイの採用によって、仮にカラーLCD化を考えた時に、現在のデザインコンセプトでは作れない。すなわち、「確立しようとしているアイデンティティ」を自ら破壊しなくてはならない事が決定してしまった様にも感じられます。まあ、ウォークマンはカラーLCD化の必要性は無いかもしれませんし、今までのSONY製品を見る限りでは、杞憂に過ぎないかもしれません。

基本的なコンセプトを変えないiPodのデザインは、希有な存在であることは明白ですし、SONYのデザイン手法は、常に新しさが求められる小型携帯機器のデザインでは、極めて常識的なものです。ただ、製品のブランド的要素をデザインに盛込んでしまったiPod存在は、今回のiPod nanoの出現で、より小さくなりながらも、更に大きくなったと言わざるを得ません。

【トラックバック先】
Jozに聞くnanoの魅力 - iPodのデザインの秘密(Macとえいちや in 楽天広場様)
iPod nano、注文する(とりあえずもの申す!?様)
iPod nano詳細フォトレビュー(iPod portal様)

【2005年9月23日追記】
悪夢再び。(笑)(ウラ男汁様)
必読でございます。ソニー(SONY)さん。まずは、手元を見ましょうよ...と(苦笑)

【2005年10月4日追記】
オリコンのウォークマンA提灯記事
9月30日にオリコンのサイトに掲載された、ウォークマンAの提灯記事。10月4日現在で、既にオリコンのサイトから「何故か」抹殺されてます。記事もさることながら、オリコンの逃げ足の早さにも笑わせて頂きました(キッパリ)
しかし、ここまでくると、ソニーという会社自体の窮状が痛いほど感じられますね。

|

« 信用できないよ、SME | トップページ | Stay hungry, stay foolish. »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

「ウォークマンAシリーズ」へのリンクアドレス、末尾の”/%22”が余計みたいです。

ところで、HDタイプのA3000/1000は パッと見が 自分の所有しているWILLCOM用 京セラ製H" AH-K3001Vに見えたのは、何かの間違いでしょうか?

色といい、ロゴマークといい、操作ボタン部(A3000)←→(K3001V)カメラのレンズ部といい……

全面的に保護フィルムが必要そうなデザインも、ちょっとイタダケナイ気がします。

ドックスピーカーはBOSEのSoun…☆\(--;)

......本体の青色が際立つデザインですね。

投稿: つか | 2005/09/10 07:06

リンクのご指摘、有り難うございます。頭の「"」が抜けてました...orz
HDDモデルは、初めて見た時に「高い技術が凝縮されている」様な他のSONY製品と違った印象を受けました。実際の質感については、現物を見てみない事には何とも言えませんが・・・。
しかしながら、11月に発売の製品で、先行のiPod nanoより、第一印象で劣って見えてしまうことは、SONYはAppleを過小評価していたと感じられます。

ついでに言うなら、iPod nanoの発売が、SMEのiTMSへ参加表明が先だったら、話はもっとややこしくなっていたかもしれません。SONYにしてみれば「ヤラレた!」って感じではないでしょうか?

投稿: Algernon | 2005/09/10 08:47

こんちはーホイヤーです。タイトルで よさせていただきました。ふむふむ・・。私は むかしからソニーさんもAppleもすきなんですけど・・。ソニーさんのパソコンのデザインが どうも 好きになれず とほほ状態でしたけど・・(陰でないてましたー、あの会社は ほんとはすごいんだーって)。どんどん素敵なものが ひとつでも二つでも でてくるとうれしいですね。使いやすくて 自然に つかいこなせるようなものって むつかしいけど いいですよねー・・。ウォークマンは結局かえず かったのはiPodでした・・。

投稿: アンクル・ホイヤー | 2005/09/10 10:58

トラックバックさせていただきました。
ボクの場合、他社製品には全くと言って目が向いてなかったので、SONYさんの新製品に関しては全く知りませんでした(苦笑)
なお、1日(2日?)遅れで、iPod nanoを注文しました。届くのが楽しみです。

投稿: alce_jr | 2005/09/10 11:05

アンクル・ホイヤーさん
コメントとTBを有り難うございます。私もSONYのプロダクトデザインの完成度の高さは、他の電機メーカーのそれと比較すると、一歩も二歩も抜きん出ていると思います。ただ、この「iPodという潮流」を見る限り、従来の「常に新しいものの創出」というデザイン的手法が、通用しなくなって来たのではないかと感じられました。そうした点で、この「化粧石けん」の様なデザインで、ソニーブランドを支えられるのか。そんな風に感じ、この記事を書かせて頂きました。
ブランドとデザインは切っても切れない関係ですが、Appleがこうも早々とこうしたデザイン戦略にシフトしてくるとは、SONYも思っていなかった・・・そんな印象です。記事上でご紹介されている、

「Jozに聞くnanoの魅力 - iPodのデザインの秘密」

を拝読させて頂きました。なるほど、Greg Joswiak氏がこんなインタビューに答えてたんですね! 考えていた事が同じだったのが嬉しかったですが、ヤラレタ感も一杯...orz < そりゃ本家じゃ仕方ないってか?

alce_jrさん
いきなり購入、漢です!
使用感なんかも教えて下さいね。って、今朝、我が家のiPod miniが調子が悪くなりました・・・直りましたが...orz。これって、やっぱり、マーフィーの法則?!

投稿: Algernon | 2005/09/10 11:20

 どうもでーす。TBもありがとう。ソニーさんに限らず いろんなところが いい製品(使いやすさがあって すばらしいデザインですかな)をどんどんだしてきてもらって 選択するのにこまるぐらいでないと・・ね。さて でかけてiPod nanoの実物をみてきましょうか・・。どうしても田舎なので おそいのでー・・とほほほ。

投稿: アンクル・ホイヤー | 2005/09/10 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/5867873

この記事へのトラックバック一覧です: iPod nanoをデザイン的視点で見る:

» 「【インタビュー】Jozに聞くnanoの魅力-iPodのデザインの秘密 [Macとえいちやin楽天広場]
 こんちはー本日は 「ソニーがSONYであるために」と「【インタビュー】Jozに聞くnanoの魅力-iPodのデザインの秘密」他をご案内いたします。  ○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 昨日は おとといに資料がきた急ぎの案件の決定書をひっしかっぱ(一生懸命なさま)で ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 10:50

» iPod nano、注文する。 [とりあえずもの申す!?]
9月7日、Apple Computerから新型のiPodが発表/発売されました。その名は、「iPod nano」。超薄(鉛筆ぐらいの厚み)で超小さいながらも、カラー液晶画面と、クリックホイールも付いてる。 今使ってる2世代目iPodは、バッテリーの持ちが芳しくなく2日ぐらいしか持たない状況になってるので、そろそろ買い換え時かなぁって思っているところに、この「iPod nano」の発表でした。 先立つものはほとんど無いですが、新しもの好きのボクとしましては、ポチッとなとやってしまった次第です... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 11:02

» iPod nano詳細フォトレビュー [iPod portal]
9/8発表のiPod nanoをいち早く入手しましたので、写真付きで詳細レビューします。 iPod nanoは白と黒の2色、容量は2GBと4GBの2種類。 悩んだ末、今回は黒2GBを購入しました。... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 12:29

» iPod nano [HorseRacingReview-relaxsize/スポーツ生活]
アップルコンピュータからiPod nano発売開始! Macは(仕事で見過ぎているので)全然興味はありませんが、iPodは使用者です。なんだかんだ言っても、ポータブルオーディオの中では一際群を抜いている感はありますよね。 iPod miniを使用していますが、小さいけれ... [続きを読む]

受信: 2005/09/10 15:27

» ipodnanoとamadanaの白いイヤホン [NonesuchCafe]
 iPodnanoの使い方にもすっかり慣れてきたのですが、やっぱり付属のイヤホンが外れやすいのが不満です。このイヤホンの音も決して悪いわけではないのですが、レンジが若干狭い気もして、イヤホンを替えたらもっといい音で聴けるのでは?という期待が芽生えてきました。 ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 12:23

« 信用できないよ、SME | トップページ | Stay hungry, stay foolish. »