« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

高校野球、という幻想

まず始めに、私は野球というスポーツについて、極めて偏見を持っている事。選手もイチローと、ゴリラだがクジラだかというアダ名の付いた選手しか、見分けが付かない程度です。この様な斜めからの視線で、この「ドタバタ劇」を眺めていた事を明言しておきます。

駒大苫小牧の全国優勝変わらず、部長は謹慎 高野連結論

この一件、部長(?)にしても、被害にあった(??)生徒にしても、言い分は同じ位に信用できません。まあ、そうした部分を裏に「さわやか高校球児」のイメージを壊さない様な、落としどころを高野連が狙ったのだろうというのが私の見方です。確かに優勝した努力は認めなくては子供達が気の毒です。しかし、チームメンバーの些細な不祥事が原因で、学校の名誉か高校野球のイメージを守る為に、戦う前にトーナメントを辞退した(させられた)子供達も居る多くの前例を踏まえると、倫理的な一貫性が無い様に思えます。

私の母校も甲子園出場の経験があります。甲子園に出場した時代の野球部員などは、それはもう酷いもので、勉強はしないのは当たり前、加えて授業の邪魔はする、タバコは吸う、デカイ音の単車は転がすと、ぶっちゃけ、ゴロツキの集団でした。まあ、「高校野球」という名の傘の下に隠れ、好き放題をする一種の特権階級だった訳です。多分、少なからずの有名校では、大同小異な状況だろうと思っています。故に、私は高校野球そのものが、既に薄汚れて見えてる訳です。

物事に一途に打ち込む姿は美しいと思います。それは認めましょう。でも、高校野球を「さわやか」に見ているのはあくまでも受け手側。この受け手側の「幻想」に縛られた故に、多くの優秀な才能が、無に帰していっている現実を直視すべきだと思います。勝利を手にした者の魂は崇高ではありますが、立っている所が薄汚れている。言い換えれば、そうした、薄汚れた多くの屍の上に立った「汚れたスター」です。「正々堂々、さわやか」を貫くなら、不祥事が発覚すれば「優勝は取り消し」ではなく、むしろ「辞退」すべきでしょう。それが、高校野球に「求められている精神」では無いかと・・・悪意に満ちた批判と、強烈な皮肉を込めて。

【2006年3月3日】
言わんこっちゃない。どうせこんな事だろうと思ってました。
駒大苫小牧がセンバツ出場辞退…監督辞任、校長辞職

【トラックバック先】
駒大苫小牧の不祥事(高校野球)(元検弁護士のつぶやき様)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

次世代DVD統一決裂、懲りない業界

次世代DVDの統一断念、2規格が並立

どちらにも、それぞれ利点があるでしょうが、またかって感じで、もうアホらしくて調べる気にもなれません。こんなバカバカしい結果なら、現行のDVDで十分、特に不自由も無いですし。いい加減に業界主導の規格競争なんて、止めてもらいたいもんです。毎度のことながら、電機業界ってホント、過去に学ぶ事が出来ないんですね。

最終的には、どうせ双方ともレーベルゲートのMoraの様に、「コンテンツを盾に取って、自社のハードユーザーを増やそう」なんて事を考えるんでしょう。時代錯誤も甚だしいです。まあ、音楽配信については、更にバカバカしい理由が有る様ですし、別の理由でも、個人的に「怒り」を感じていますけど。少なくとも、実用化にあたっては、コンテンツとハードは切り離して考えてもらいたいものです。

マジで、呆れちゃいます、ホント(ーー#)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スバルTPH搭載はレガシィベースの新モデルで

スバル・ターボパラレルハイブリッド(TPH)については、時期を見て記事を書こうと思ってたんですが、モタモタしている間に、更に面白そうな動きが出て来ましたね。

【スバル ハイブリッド】まずはレガシィベースの新モデルに搭載

なるほど、そう来ましたか。私が思うに「アレ」がいよいよ動き始めたのか?! アレって何か? いや、単なる思い過ごしの可能性大です(笑)

私はスバルTPHの機構を、nikkeibpのAutomotive Technologyで見てみましたが、これは実にシンプルに出来ていて、面白いと感じました。基本的に、エンジンとミッションの間にサンドイッチされるこの機構は、現行のスバルのドライブトレーンに実にシックリと組み込まれています。これの量産が開始されると、スバル車の「フルラインハイブリッド&AWD」化も、夢ではありませんね。また、他社へのOEMという道も開けてきそうです。トヨタとのハイブリッド車に関する提携で、スバル側にどれほどの制約があるのかが最大の鍵となるでしょうが、スバリストの贔屓目で見るなら、凄い事になりそうです。

R1eに関しては、また次回にでも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

シトロエンC2エイリアン仕様(怖)

芸には「喜怒哀楽」があると聞いた事が有ります。あ、これは勿論「芸を見せる側」の考え方で、相手を喜ばせる為の目的でですが。ポケモンジャンボなんてのは「喜芸」にあたるのかなと思います。しかし、まさか「恐」があるとは・・・認識を改めねばなりません(笑)

シトロエン C2 のエイリアン仕様

以前から、私も冗談で「HR.ギーガー」による、デザインの車なんてどうだろうと、友人との馬鹿話で提唱しておりましたが、まさか、大真面目に作ってしまう会社があるとは・・・。あの、小粋なデザインのシトロエンC2(Citroen C2)が、見る影も有りません(爆) しかも、個人的にはヤラレタ感一杯...orz。

しかし、このエクステリアの不気味さもさることながら、インテリアも凄い。コックピット、カーゴルームの雰囲気と言ったら、もう、夜一人でドライブに出かけられなくなる位の強烈な恐ろしさです。まず、間違いなく、中心に移動されているドライバーズシートに座ると、シートと体が融合(むしろ、癒着か?)してしまうことでしょう(恐)
私はこの車が後ろから迫って来たら、ハザードを点灯して、死んだふりをします(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

あー、それと、個人的にはグリーンのネオン管仕様も是非作って欲しいと思います。さらに違った不気味さが引き立つ事、請け合いです。そして、シートも座面が「ドドメ色の混じるマーブル柄」が選べると吉・・・いや、凶。エンジン音は「ブー」とか「ドロロ」ではいけません。少なくとも奇怪な金属音を希望します・・・・って、変にこだわるなって(ーー;)

・・・しかし、この車、どんな服を着て乗ったら良いのでしょうか? 取りあえずは、下着姿でフェイスハガーのぬいぐるみを顔に貼付けて、シッポを首に巻いて走るのが「通」というべきかもしれません....って、それじゃ前が見えないじゃん...orz

【蛇足】たのみこむを見ていたら、こんなのこんなものも見つけてしまいました。ヤバ過ぎるぞ、たのみこむ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北米のB9 TRIBECAのCM

今までのスバルのCMで、私が一番好だったのは、なんと言っても発売当初のALCYONE SVX(アルシオーネSVX)のCMです。吉田美奈子のこのCMの為に録音した「500 miles away from home」をBGMに、真っ黒な画面に、当時のイメージカラーのシルバーとダークグレイのツートンカラーのSVX、この車体に景色を映り込ませる事で、キャッチコピーの「500 miles a day.」を旅情たっぷりに表現していました。街を抜け、フリーウェイを走り、森を抜け、嵐をくぐり抜け、最後に夕焼けが反射する・・・実にアートなCMでした。反面、北米で見たSVXのCMは、スキッドパッドで黒のSVXがスピンターンをする熱いものでしたので、売り方も随分と違っていたのでしょうね。

海外のスバルのサイトでは、時々、国内には配信されていない壁紙とか、スペック表とかを見かける事がありますので、時々、ふらふらと閲覧に出かけます。先日、SOA(Subaru Of America)を見に行った時に、実に面白いモノを見つけました。北米では今、B9 TRIBECA(B9トライベッカ)を前面に押し出してサイトが作られておりますが、ここで公開されているCMが実に傑作です。笑えると言うか、いや、むしろスバリストならかなり痛快でしょう。ネタバレは野暮ですので、興味がある方は、こちらのページの「SEE THE B9 TRIBECA IN ACTION WATCH THE NEW TV AD」にアクセスしてみる事をお勧めします(^^)

しかしながら、国内向けのスバルのサイトのCMヒストリーの一部がApple純正のブラウザーのSafariで閲覧できないのは、いい加減になんとかしてもらいたいものです。しかも、止める手段はブラウザーの強制終了のみ・・・(ーー;) まあ、スバルに限らず、国内の自動車会社のWebサイトの作りは、些か異常だとは思っていますが、本件は機会が有ったら・・・。

【2005年8月15日追記】
既に、本記事をご覧になってる方は気づいていらっしゃる方も多いかと思いますが、念のため。
もはや、これは笑うしか無いです(笑)。最近主流の「通常はFF(FR)で必要に応じて自動的に4WDになるシステム」は、きっと大変な事に(爆) かなり、キてます(^_-)

北米のLEGACY(レガシィ)のCM 「TWO WHEELS」

【2006年5月25日追記】
アルシオーネSVXのCM、有りましたぜ(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日航機墜落20年に念う

私の中では、20年前の日本航空(JAL)123便の墜落事故は、強烈な印象として残っている。
私の記憶だと、この事故が起こった日は、友人2人と晩飯を食いに出かけていた。後輩に激辛のラーメンを奢って、大笑いしていたと記憶している。そんな馬鹿をやってる時に、この事故を知った。

家に戻り、TVを見て驚いた。どこのチャンネルもニュース特番になっており、この事故一色になっていた様に記憶している。様々な情報が錯綜し、消息は絶ったがどうなっているのかさっぱり解らない。あんな大きなものが、何処を飛んでいるのか解らない、どこに落ちたかも解らないなんて、どうしても信じられなかった。その後の報道でも、123便が何処を飛んでいたのか、度々修正され続けとても奇異に感じていた。こうした部分もこの事故の印象を更に強くしたのだろう。事故原因にも、個人的に未だにどうしても納得できない部分が沢山有る。

その後、数年が過ぎて、このJAL123便のボイスレコーダーの音声の一部が公開された時は、更に衝撃的だった。そこには、完全にコントロールを失った機体を、必死に飛ばし続けるパイロットの方々の文字通りの「死闘」が記録されていた。以下のサイトでその記録を見る事ができる。

事故調発表を元にしたJAL123便飛行経路図
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/3462/123.swf
生存者の一人・落合由美さんの証言
http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-ochiai.htm
(注:あまりに凄惨な記録の為に、閲覧には覚悟が必要です)

この時の乗客の方々の気持ちは、どんな想像も遥かに越えていただろうと思う。この事故の事をきちんと言い表す言葉は、私の貧困なボキャブラリーの中には存在しない。

しかし、日本航空は、この事故で学んだ教訓を本当に活かしているのだろうか。ここ数ヶ月の間、様々な機体のトラブルがニュースになっている。整備を担当されているエンジニアの方々も強い責任感を持って仕事をされていると思うが、ふと、私の頭によぎったのが、日本航空の使っている多くの機体の寿命が来ているのではないかという事である。ネットで調べてみると、全日空(ANA)の平均機体年齢は7年と公表されているのに対し、日本航空は非公開である。これを最近の様々なトラブルと合わせて考えてみると、とても気味が悪い事に思えて来る。こうした所を優秀なパイロット、優秀なエンジニアの方々が、必死に押さえ込んでいるのではないかと斜めに見てしまう。

JR福知山線の事故でも書かせて頂いたが、ハインリッヒの法則から言えば、最近の様々なトラブルが氷山の頂上ではない。言うまでもなく、「最悪の事態」が頂上に位置する事を忘れてはならない。そして、二度とこの様な事故が起こらない事を切に願う。

【本記事のトラックバック先】
日航機墜落事故から20年に思うこと:(玉響の独話様)
<JAL系機>飛行中エンジンから出火、福岡空港に緊急着陸:(街道をウロつく様)
20年目の節目にあわやの大惨事:(かきなぐりプレス様)
[航空コラム]JALの機体検査をキッチリやろうとするとどうなるか?:(五月原清隆のブログハラスメント様)

【2005年8月14日追記】
トラックバックを頂いた、五月原清隆のブログハラスメント様の【 [航空コラム]JALの機体検査をキッチリやろうとするとどうなるか?】は、航空業界の現状と機体整備の関係が、極めて論理的、且つ詳細に纏められています。ご一読の価値ありです。ただ、同じ土俵で戦っている筈の多くの航空会社の中で、最近、なぜ、JALばかりトラブルが連続しているのか、些か考察が足りない気はします。
当記事が「感情論的なJAL批判」記事として、一括りになっている事についても異論がありますが、そこは仕方ないでしょう。私も文才がありませんし・・・(苦笑)

| | コメント (4) | トラックバック (4)

レガシィ2.0R試乗記

スバルレガシィ(SUBARU LEGACY)の2L系に搭載されているエンジン、EJ20系と始めて出会ったのは、私がBC5(初代レガシィ)を購入した時に遡る。スバルの水平対向エンジンは、オーバースクエアであり、高回転型とされ、低速トルクが細いというのが一般的な評判だ。
確かにEA82(水平対向エンジンが初めてOHC化されたエンジン)でも、最高出力を稼ぐ為でなく、実用域でのトルクアップにターボチャージャーがセッティングされていた。そして、レガシィと共に投入されたDOHCエンジン、EJ20もそうした傾向が有った。当時のNAのEJ20は、良く回るが低速のトルクが細く、それなりに気持ちよさを追求してしまうと、ターボモデルと燃費があまり変りないという、些か困ったエンジンだった。加えて、ATとの相性もあまり良くなかった様に記憶している。高回転型のエンジンをATで低中回転を使って加速するのでは、気持ちが良い筈は無い。しかし、踏み込めばパワー感は有ったので、エンジンの特性がそのまま出ていたというのが正確な表現だろう。これが私がNAのEJ20に持っていた感覚である。

ところが現行の四代目のレガシィ、BL/BPになって、このEJ20のNAモデルがすこぶる評判が良い。ベストバランスとまで絶賛されているものすらある。これが何処まで本当なのか、正直、かなり懐疑的であった事も事実だ。この一年半の間に、幸か不幸かこのBL/BPの2.0Rに長く触れる機会が得た。結論を先に言ってしまおう。このモデルは良い! レガシィ=ターボ付きハイパワーというイメージが強いが、この2.0Rというモデルは、今までのNAのEJ20の印象を完全に吹き飛ばす仕上がりになっている。
まず、一番最初に驚かされたのは、車全体の軽さである。実際に私の3.0Rと比較すると、約90kgの重量差があるが、これだけでは無い。アクセルレスポンス、車の加速感、ハンドリングの全てが軽快である。4ATの変速タイミングのレスポンスも、5ATより確実に速い。幅の広いギアレシオも手伝っているのだろう。3.0Rでのドライブコースである山道を流す程度でも、3.0Rと比較して、大きくパワー不足を感じる事は殆ど無かった事には本当に驚かされた。子気味よくコーナーを駆け抜ける感覚は実に気持ちの良いものだ。エンジンパワーも持て余す事無く、軽快なBOXER4をきっちりと使い切って走る感覚は、古き良き時代のレオーネを思い出させられる。こうしたエンジンの基本的な部分の改良が身を持って感じられる点で、実にスバルらしいモデルだと感じられた。巷での評判は嘘ではなかった。

既に多くの人に語られているので、敢えて私が書く事も無いが、今回のレガシィの最大の特徴は、各モデルによって、その性格が全く異なる点に尽きると考えている。2.0iは残念ながら試乗していないが、2.0R、2.0GT、同Spec.B、3.0R、同Spec.Bを比較してみても、それぞれがこだわりを持って作り込まれている。こうした点を踏まえると、スバルが今回のモデルから、各グレードのオーナメントを廃止した本当の理由が見えた感じがする。

これから、レガシィの購入を検討されている方は、出来る事なら各モデルを乗り比べてみて欲しい。きっと、その性格の違いに驚かされる事だろう。

【2006年11月23日追記】
先日、車検の時に2.0R(ツーリングワゴン)をお借りしました。この「軽い!」というフィーリングには更に磨きがかかり、より乗りやすく進化していました。スバリストの欲目を引いても、とても完成度の高い車に仕上がっています。

続きを読む "レガシィ2.0R試乗記"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

iTunes Music Storeを使ってみる

待っておったぞ、Appleよ! (偉そうに言うなって(^^;))

まあ、これで「音楽の流通革命の波」が、やっと日本にも上陸したって事ですね。まだ、参入していない某社は早く乗った方が売り上げが上がりますよ。自前でやりたいと言うのは、よーく解りますが、両方で儲けた方が絶対得だと思いますが(笑) 自前でやって「林檎系には提供しない」ってーなら、そりゃもう、当Blogでは、タコ殴りに叩きまくりますよ(大爆笑) 

さて、これで、音楽著作権の利権団体が、いかにボロ儲けをしていたかも、白日の下にさらけ出されますね。イタモノにしがみついているより、小回り効きますし。単純に10曲買っても1500円ですから。アルバム買うより安いって訳でして・・・(ーー;) 現在のアーティストも、アルバムで「上げ底の様な曲」を作れなくなるのと同時に、インディーズ等で良い音楽を作るアーティストにも光が当たる可能性も出てくる事でしょう。

で、私も早速、使ってみました。マジで文句無しです(^^) これで、品揃えが充実すれば、控えめに言っても、マキシシングルを買う事は無くなると思います。

本当にこれからが楽しみですね。今夜は取りあえず「Apple万歳」という所で(^o^)/

【本記事のトラックバック】
さあ、iTMS JAPAN祭りだ!:(Solid Inspiration Blog様)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »