« HONDA STEPWGN(ホンダ ステップワゴン) | トップページ | 携帯電話キャリア、ダジャレ対決勃発?! »

朝鮮が7世紀に世界初のロケットを開発

かなり面白いと思ったので、取り上げちゃいましょう。

朝鮮が7世紀に世界初のロケットを開発、北朝鮮が主張(ロイター)

・・・ちょっと調べてみると、推進剤に黒色火薬を使用していたなら、黒色火薬の発明は唐の時代(618〜907)とされているそうですので、まあ、時代はダブリますね。このあたりでテクノロジーの交流があったのでしょうか? 朝鮮に発明者が居ても不思議ではありませんね。

しかしながら、私が良くわからないのが、この「ジェット推進型ロケット」というくだり。私のつたない知識では、ジェット推進というのは、あくまでもエアブリージングであって、外気導入を必要としないロケット推進とは構造が基本的には異なるものと理解していますが・・・。まあ、最近はスペースプレーンへの使用を前提とした、スクラムジェットエンジンと言って、ターボファンを必要とせず、ラム圧によって外気を圧縮、エンジン内で点火して推進する技術も研究されてまして、NASAがこのエンジンの実験機でマッハ7を記録したのは記憶に新しいです。必要なラム圧を得るまでは、ロケットで加速するなんてこともやるそうですが、これとも少し違いそうです。ましてや、スクラムジェットエンジンもエアブリージングです。第二次大戦中にナチス・ドイツの「V1」が使用したパルスジェットエンジンがもっとも近そうな気もしますが・・・はてさて、朝鮮のロケットとはどんなものだっのでしょうか、なんかいろいろ考えるとSF魂に火がつきますね。これで「龍勢」と同じ「でかいロケット花火」だったなんてオチだったら怒りますぜ!<= なんで怒るんだ、おい?

それで、これを主張することの目的ってのは何なのでしょうか? 「テ○ドンは伝統ある技術に裏打ちされて開発されている」なんて、繋がりになっちゃうのでしょうか、やっぱり(ーー;)ウーム

・・・まあ、何にしても、不思議一杯です。

|

« HONDA STEPWGN(ホンダ ステップワゴン) | トップページ | 携帯電話キャリア、ダジャレ対決勃発?! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「jet」という単語は「噴射する」などの意味がありますので、ジェット推進=噴射による反動推進となり、広義には外気導入の有無は関係ありません。

 要するに広く知られている「龍勢」の類だと思いますが…文面を読む限り。

投稿: Mn | 2005/06/01 00:47

Mnさん
コメントを有り難うございます。なるほど、Jetという単語から見るとそういう解釈になる訳ですね。ご指摘を有り難うございます。確かに、大質量の天体から噴射されているガスなんかも「Jet」という言葉が使われていますね(^-^) ジェットという言葉で短絡的にジェットエンジンを想像してしまったから混乱したんですね(^^;)
しかし、龍勢の類いですか・・・
(なんか、もっと凄いモノを想像しててがっかりしているらしい)

投稿: Algernon | 2005/06/01 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/4358519

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮が7世紀に世界初のロケットを開発:

« HONDA STEPWGN(ホンダ ステップワゴン) | トップページ | 携帯電話キャリア、ダジャレ対決勃発?! »