« 思惑は成功か? ホンダ・エアウェイブ | トップページ | トミカ「楽しい自動車工場」の正しい楽しみ方 »

二連星のエンブレム?!

私はGoogle アラート (ベータ版)を設定して、幾つかのキーワードで情報を集めているが、今回、この中でこんなモノを見つけた。

「【上海モーターショー05】コンパニオン、美的・容姿的レベルの高さ!! 」

・・・はて、キーワードがスバルなのに、何故こんな記事が引っかかる? と不思議に思いつつ、記事のタイトルを見て、思わずクリックをしてしまった。男のサガである(苦笑)。「うむうむ、確かにお姉さんは奇麗だ」 と、写真を見て、記事を読んで・・・ああ、ここか・・・哀号!これは似ているで有るよ!(驚) 誇り高きスバリストの魂の象徴「六連星」が、単なる「二連星」になってるではないか・・・ああ、なんてこった(T^T)
この事で、私の中での「反中感情」は少し上がった。(シャレにならんからダークな冗談は止めろって)

車のデザインは、その機能やコンセプトによって、時に似てしまう事がある。また、先行メーカーにCMで「ポリシーはあるか?」と問いただされてしまう位に、似せてしまう(?)事もある。何処かに差異があるのなら、最終的には消費者側が選ぶので、比較して不出来なものは淘汰される。しかし、エンブレムはこの事とは些か意味するところが違う。日本も諸外国に「追いつけ追い越せ」と努力していた時代に色々な所で「猿真似」と揶揄されていた事もあるので、中国の自動車産業もきっとそんな時代なのだろう。現実にはいろいろな「コピー品問題」もあるので、単純に「真似」の一言では片付けられない部分でもあるが、ここは記事の本旨と違うので割愛させていただく。

これは真面目な話、今後、中国が米国の様な自動車大国になった場合、その総人口を考えると、化石燃料の消費は莫大なものとなり、大気中への二酸化炭素の放出量も跳ね上がるだろう。資本主義経済の視点で見れば、中国は極めて大きな市場だと言われているが、全地球規模のバランスを考えると、この事で様々な厳しい現実を突きつけられる。特に自動車産業においては、化石燃料からのエネルギーの転換は急務だろう。経済活動で地球環境を破壊してしまったら、何の為の経済活動なのか解らなくなる。これは、地球規模で考えていかねばならない問題だ・・・これは完全に理想論だが。

・・・と、偉そうな事を書きつつ、街乗りでリッター6キロ台叩き出す大飯食らいを転がしている自分が居るので、あまり強い事は言えない。そして、エンジンはやっぱり内燃機関じゃないと嫌だ。
(言ってる事がバラバラじゃないか(/_-;))

|

« 思惑は成功か? ホンダ・エアウェイブ | トップページ | トミカ「楽しい自動車工場」の正しい楽しみ方 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/3818494

この記事へのトラックバック一覧です: 二連星のエンブレム?!:

« 思惑は成功か? ホンダ・エアウェイブ | トップページ | トミカ「楽しい自動車工場」の正しい楽しみ方 »