« レガシィ・リコール+α、これはキャンペーンとは言わない | トップページ | Amazonの奇跡、そして懲りない男(笑) »

レガシィ・サービスキャンペーン対策報告

先日、早速ディーラーに連絡して、リコール(Aタイプ B4、TW)と、サービスキャンペーン(3.0R、B4、TW AT車)の対策が完了した。対策対象の台数も多い中で、ディーラーの営業の方々も、メカニックの方々も頑張っているのだろう。本当に頭が下がる。

今回のリコールの対策で、リアスタビに関してはで特に心配はしていなかったが、サービスキャンペーンのATのプログラムに変更については、些か不安な点があった。それはシフトフィーリングの変化である。私の車は昨年の10月頃、友人から新しいATのプログラムが良いという情報を得て、プログラムの書き換えを行っている。この時の大きく体感できた改良点は、スポーツシフト(ATのマニュアルモード)の操作の追従性の向上だった。それまでのスポーツシフトのフィーリングは、多くの現行レガシィオーナーがネット上で書かれている様に、操作してから1テンポ遅れてシフトが変わるという、ダイレクト感の欠ける設定になっていた。このプログラムの書き換えた事で、このフィーリングがかなり改善され、やっと実用レベルに達したと喜んでいた訳だ。つまり、今回のサービスキャンペーンにより、ここにどう影響が出るのかが、私個人の最大の関心事だった。

それで、対策の結果はどうだったかと言うと「懸念は適中」してしまった。納車当初の閉口する様な状態にまでは戻らなかったものの、シフト操作のダイレクト感が失われ、私の中での実用レベルを外れてしまった。まあ、0が実用レベルとすれば、+1が昨年10月のプログラム変更の結果、-1が今回のサービスキャンペーンの結果、-4が納車当初(箸にも棒にもかからないレベル)という程度のものなので、大した差ではないとも言えるが、ただ、最近、このスポーツシフトでエンジンブレーキを多用する様になっていたため、個人的にはこの体感的なレベルダウンは極めて辛い。ATには学習機能が付いているそうなので、学習が進んで改善される事を期待するか、または「ドライバーが学習する」のとどちらが早いかだが(笑) でも、少なくとも10月のプログラムは素のままでも実用レベルだった。 

この10月のプログラムが、どのようなモノであったのかは解らないが、時期的に見るとBタイプに搭載されていたものとも考えられる。つまり重要な点は、Bタイプをオーナーの方々の中で、スポーツシフトのレスポンスの低下を感じる方も居るかもしれないという点である。今回のサービスキャンペーンの実施の後、同様な性能低下を感じられたら、迷わず担当のサービス、または、お客様相談センターに意見を言っておく事をお勧めしておこうと思う。

スバルお客様相談センター  Phone:0120-052215

[2005年3月27日追記]
本日、久々に軽く峠を流して来た。正確な距離は記録してないので解らないが、現時点ではまだスポーツシフトの学習効果はあまり出ていない様だ。変速のレスポンスは依然として十分とは言えない。ここは先人のスバリスト諸兄がそうして来た様に「人間が慣れた」が早そうだ(笑) 結果的に乗りこなせなければ、ヘタクソである訳だし、いままでの車でもそうして来ているので、この事に抵抗が有る訳でもない。そのうち、私の感覚と車のシフトタイミングがシンクロする時が出て来るだろう。お互いに学習して歩み寄るのも良しである、これぞ正しく人車一体(爆笑)

一部のオーナーの間では、対策後は6500rpmまでしか回らなくなったという話もある様だが、我が家の3.0Rでは7000rpm近くまで回っている様だ。次の瞬間にはシフトアップとなるので確実とは言えないし、加えて、1速でもびっくりする様な速度になるので、そう何度も試せてはいない(^^;)

ただ、悪い事ばかりでもない。昨年10月のプログラムは、ATのシフトアップが、かなりワイルドになっていたが、今回のプログラムは極めてジェントルに仕上がっている。3.0Rにはこの方が向いている様にも思える。

|

« レガシィ・リコール+α、これはキャンペーンとは言わない | トップページ | Amazonの奇跡、そして懲りない男(笑) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/2996227

この記事へのトラックバック一覧です: レガシィ・サービスキャンペーン対策報告:

» レガシィ「リプロ」報告 [とりあえずもの申す!?]
先日、愛車「レガシィ」は、リコールとともに「サービスキャンペーン」なるものを実施した。その内容は簡単に言えば「自動変速機を制御するコンピューターのプログラムを... [続きを読む]

受信: 2005/02/22 00:15

« レガシィ・リコール+α、これはキャンペーンとは言わない | トップページ | Amazonの奇跡、そして懲りない男(笑) »