« B9 TRIBECAを斬ってみる。 | トップページ | 指静脈vs手のひら静脈 本当に不正引き出し防止の為? »

Forester(フォレスター)、マイナーチェンジ

「スバルはなんでパリダカに出ないんですか?」「スバルの車は道の上を走るんです。」これは、スバリストの間で「親分」と親しまれ、スバルがセミワークスでラリーに参戦していた時代に、サファリラリーの総監督として活躍されていた小関典幸氏の言葉だ。「スバルの車は道の上を走る」 実に当たり前のことだが、この言葉には深い意味がある。「自然との対話」という目的で「道無き道に分け入るオフローダー」は、その存在自体が自然破壊である。故に「道無き道をチキチキマシンの様に迷走」する様な、ラリ−には参戦しない。これがスバルのモータースポーツの基本的なポリシーなのだそうだ。まあ、今はどうだか知らないし、そんなこと以前に、WRCとパリダカの両方に出られる様な、裕福な会社ではないというのが本音なのだろうが(笑)

私はこうした存在そのものに矛盾を持った、クロカン四駆は基本的には嫌いである。昔、私も某河川敷でクロカン四駆を走らせて、あまりの楽しさに手にマメまで作った事もある。あんな面白い車を手有していて、オフロードを走らない筈はないと(笑) だから、いわゆるクロカン四駆やSUVの類い、SUBARUではこのForester(フォレスター)という車は「嫌い」なのだ。でも、そんな事より最近は、トップグレードでないと四輪駆動システムを搭載していない「なんちゃって四駆」もあるようだから、最近のSUVというのは、従来のクロカン四駆とは、使用目的やその意味する所が異なって来ているのだろう。

前置きがやたらと長くなったが、今回、このForesterがMCを行った。個人的にはどうあってもいい車なのだが、ちょっと面白いと思ったので、感想を書いてみようと思う。

今回のMCで最も目を引く変更点は主にフロントまわり。いわゆるフェイスリフトという奴だ。今回のフェイスリフトは、現在進行中であるスバルのデザイン改革の流れの中で、現行モデルに対して、初めて行われたものであり、今後どの様に新しいデザインを落とし込んで行くのかを予想する意味で、見逃せないMCであると私は考えている。

新しい顔つきを見た第一印象は「クリーン」。実にクリーンである、時代と共に少し古臭くなってしまった、やや丸みをもったMC前のモデルまでの「面と線」をキレイに整理し、フロントグリルに新しいアイデンティティを臭わせるグリルを、角を立てて大きく配した所には、「答えは一つではない」という事を予感させられた。また、敢えてグリルの中心ではなく、ヘッドライトの水平方向の中心線に合わせて配置された六連星も、今までのスバル車には無かった粋な配置と思える。グリルのルーパーの数や、グリルの周囲との間隔もよく計算されており、メッキを多用しつつ、全体で面で見せながら嫌みが無く、好感度が高い。車が一回り大きくなった様な錯覚すら覚える程だ。SUVらしく、且つ、街で見ても泥臭く見えないデザインに仕上がっていると感じた。今回は「翼のモチーフ」を入れなかったのは正解だろう。ただ、残念な事は、この顔と従来から変更の無い横のプレスラインの表情がやや異なってしまった点だ。まあ、これはデザインした時代が異なるので、致し方ないという所だろう。後部に関して言えば、些かあっさりしすぎて、コストダウンと見えてしまう所が残念に思える。リアゲートの六連星の左右のどちらかにForesterのエンブレムを移した方が、コストダウンの印象は弱まったのではないかと感じる。どちらにしても、ここに関しては、些か詰めが甘い(苦笑)

今回のフェイスリフトを見る限り、全ての車をいきなりあのファニーフェイスにムリクリに変えてしまおうという事ではなさそうだ。また、車の性格によって、それぞれ効果的なデザインを選ぶという、まあ、言ってしまえば当たり前の方向性もちゃんと頭にある事が見えた様に思える。まあ、一貫性が無くて迷走していると切ってしまえばそれまでだが(笑)  しかしながら、どうしても奇異に感じるのは、モデルによってデザインの「こなれ具合が違う」のは、デザインコンセプトをブランド全体で一貫して纏められるプロデューサーがきちんと機能していないんじゃないかと感じてしまう点である。BMWや、日産、マツダなんかも同様にデザイン改革を進めているが、もうちょっとまとまっている。というか、完成度で見れば雲泥の差だ。

次に控えているのは、Impreza(インプレッサ)のMCだが、私は新しいデザインコンセプトを前面に押し出してくる物になると予測している。新しい顔でWRCを戦い「勝たなければ」新しい顔とスバルがブランドイメージが重ならないからだ。ここは、失敗できないデザインになるだろう。Foresterのフェイスリフトを見て、ImprezaのMCが楽しみに思えて来た。

・・・ちょっと追記。
一部に、私がスバルの開発関係者と勘違いされている方がいる様なので、敢えて明言させて頂きます。私はクリエイターのハシクレではありますが、仕事自体は富士重工とは全く関係ありません。一人の古いスバリストですので、どうかお間違えの無い様に(笑)

|

« B9 TRIBECAを斬ってみる。 | トップページ | 指静脈vs手のひら静脈 本当に不正引き出し防止の為? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/2728134

この記事へのトラックバック一覧です: Forester(フォレスター)、マイナーチェンジ:

» 新型フォレスター発表! [だから何が言いたい! −−− Libra]
スバルの主力商品である新型フォレスターが発表発売されました。 商品ホームページは [続きを読む]

受信: 2005/01/29 22:17

« B9 TRIBECAを斬ってみる。 | トップページ | 指静脈vs手のひら静脈 本当に不正引き出し防止の為? »