« シリーズ最悪のBlitzen(ブリッツエン) | トップページ | Mission complete. »

これは天文学的高確率?・・・小惑星衝突か?

 世間様でも我が家でもクリスマスイブで、キリスト教信者でもないのに、ほんのりと優しい気分に浸っている今夜、かなり驚くべきニュースを目にした。 それもあっさりと。

25年後に小惑星が衝突? 確率300分の1、NASA

 asahiニュースサイトの記事なので、消えてしまう時の事を考えて記事を要約すると、NASAの小惑星観測チームが今年発見した、小惑星2004MN4(400m級)が、2029年4月13日に地球に衝突する確立が300分の1というものだ。小惑星はその質量故に各惑星間の引力が軌道に影響をあたえるため、正確な軌道計算が終わるまで、はっきりした事はいえないらしいので、さらっと書かれているが、この300分の1という確率は、天文学的にみるとかなりの高確率であると思える。
 ざっくりと調べてみた所、数百メートル級の隕石の衝突の場合、隕石そのものの組成やら、衝突の速度、角度にもよるとは思うが、被害は直径数キロのクレーターを生成する程の破壊力を有するとの事。まあ、海に落ちてもかなり大きな被害が出るだろうと素人でも予測できる。衝突エネルギーは広島型の原子爆弾の10万倍の1600メガトン。想像を絶する破壊力と表現してもいいだろう。まあ、ここいらは「ディープインパクト」や「アルマゲドン」、古くは「メテオ」などと言う映画でも上手く表現されているので、多くを語る必要はないだろう。

 はたして、今から約24年後、歴史的瞬間の傍観者となれるか、または被害者となるのか、それともなんにも起こらないか(笑)、まさに「天のみぞ知る」という所か。

|

« シリーズ最悪のBlitzen(ブリッツエン) | トップページ | Mission complete. »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/2364855

この記事へのトラックバック一覧です: これは天文学的高確率?・・・小惑星衝突か?:

« シリーズ最悪のBlitzen(ブリッツエン) | トップページ | Mission complete. »