« SUBARUデザインの迷走 | トップページ | LEGACY 3.0R Spec.Bに乗ってみた »

電車男・・・人のつながりの一つの潮流

 遅ればせながら、巷で話題になっている「電車男」を読んでみた。高校時代からの極めて親しい友人からの勧めだ。この物語は、実際には書籍でも購入する事ができるが、Webサイト上でも無料で読む事ができるので、お好きなスタイルを選んで読んでみるといいかもしれない。URLは既に出版物が出ている関係上、敢えて記載しない。

 ストーリーの方は有名なので割愛するが、読んでみた感想としては、ラブストーリーで感動したというより、このあまりに不器用な電車男と、2ちゃんねるの関連のスレッドに参加していたメンバーのやりとりの部分にいたく感動したという所だろう。表に見える普通のラブストーリーという部分でなく、電車男自身が自分の弱みを公の場で公開し、それを読んだ「スレの住人」が、自分の事の様に議論し、慌てふためき、または時には煽ったり、中傷したりしながら成功まで導いていったか・・・有名な「めしどこか、たのむ」、この部分に全てが凝縮されている。まるで顔の見えないコミュニティの中でも、こうした事があり得るという点で、ある種の奇跡を感じたと言ってもいいだろう。電車男と相手のエルメス女子の成功に涙したというより、こうしたコミュニティの力に涙したといった方がいいかもしれない。ともすれば、便所の落書きとまで揶揄される2ちゃんねるであるが、やはり人の集まる所にはいろいろなドラマ生まれる、そうしたネット社会の奥深さを感じざるを得ない話になっていたと感じた。
 
 この話を読んで、今から10年程前に、友人と私の3人で立ち上げた、とあるネット上のコミュニティが頭によぎった。このコミュニティは、今でもネット上と現実社会の両方にしっかりと根を張って活躍し続けている。沢山のメンバーの厚意によって、個人ではとても実現できないような事がいくつも実現していった事、そしてメンバー一人一人の熱い思いに何度も感動させられた。そうしたメンバー相互の心遣いと言う部分が、お互いの誇りだった。何度も奇跡を感じた。

 とかく暗黒面ばかりが取沙汰されるネットワーク社会であるし、私が関わっていた頃とは人のつながり方は変わって来ていると思っていた。でも、根本的な所では何も変わってはいない、気づいていないのは私自身、または変わってしまったのは私自身なのではないか、そんな事を思い起こさせてくれた話だった。

|

« SUBARUデザインの迷走 | トップページ | LEGACY 3.0R Spec.Bに乗ってみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
★TAKです。トラックバックさせてください^^

だけど、この電車男はまさしく「名無しさん」が主役ですね。当の電車男「ネタ説」なるものも囁かれていますが、この電車男に対して応援していた多数の「名無しさん」の書き込みは紛れも無い事実ですものね^^

投稿: ★TAK | 2004/12/17 03:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32843/2241498

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男・・・人のつながりの一つの潮流:

« SUBARUデザインの迷走 | トップページ | LEGACY 3.0R Spec.Bに乗ってみた »